hakaru.aiの特長

画像解析AIで数値を読み取り、
自動でデータ化。

多くの製造現場やビル管理において、日々行われているさまざまなメーターの点検業務。メーターを一つずつ目視で確認し、手書きで数値を台帳に記載、パソコンでその数値をデータ入力する……といった一連の業務を、スマートフォンのカメラ機能を使って効率化します。「hakaru.ai(ハカルエーアイ)byGMO」は、現場の点検業務をAI(人工知能)で効率化するサービスです。

hakaru.aiでできること

  • 数値データをWeb台帳に自動で記入できます

    スマートフォンでメーターをパシャリと撮影するだけ。画像をAIで解析して、数値データをWeb台帳に自動で記入できます。

  • 異常値を検出したら管理者や担当者にアラートを通知

    異常値を検出したら管理者や担当者にアラートを通知。点検作業時に現場で感じたことをメモする機能も備えています。

  • 対応メーターは、アナログ・デジタル・回転式・アナログパネル(β)・水道メーター(β)など種類も豊富。古いメーターでも読み取り可能です。

    対応メーターは、アナログ・デジタル・回転式・アナログパネル(β)・水道メーター(β)など種類も豊富。古いメーターでも読み取り可能です。

  • 大規模な設備投資をすることなく、効率化を実現できます

    検針業務を自動化できるスマートメーターへの買い替え・付け替えなどの大規模な設備投資をすることなく、効率化を実現できます。

  • ご利用時にはまず個々のメーターを認識するQRコードを作成し、プリントして貼るだけ

    ご利用時にはまず個々のメーターを認識するQRコードを作成し、プリントして貼るだけ。現場の稼働を停止させずに導入することが可能です。

点検データや異常値アラート
を確認ができる!
スマートフォン&PC画面

スマートフォンでパシャリと撮影したメーター画像は、AIが解析して数値データに。
ネットを通じてWeb台帳に記録されます。操作しやすいシンプルで簡単な画面で、点検業務をサポートします。

hakaru.aiの管理画面

hakaru.aiの管理画面

hakaru.aiの
「AI(人工知能)」について

自社開発のメーター検出アルゴリズム、数値計測手法を実装。
チューニングを重ねて精度を向上させました。

ディープラーニング
による画像認識を活用
高度な数値計測
撮影した画像の中から、これは「メーター」、これは「マンホール」などを判別します。判別した後に、該当メーターの値を読み取ります。
読み取りの精度は
人の目と同水準
人間の目視レベルを実現
斜め、反射、汚れがあるなど、計測するメーターの状態がある程度あいまいでも、人間が目視で見ても判断できる精度での読み取りが可能です。
5万以上の
メーターデータ学習
継続学習で精度向上
メーターデータを学習し続けることで、さまざまなメーターの種類に対応し、精度を高めています。すでに5万以上のメーターデータを学習済みです。
Wharts'AI

AIってなに?

AI(人工知能)とは

AI(人工知能)とは、人間の知能の一部である「調べる」「計算する」「予測する」「判断する」などを、ソフトウェアを用いて再現するための試みや技術のことです。
AIでは、コンピューターに大量のデータからパターンを認識させることで、人間がするようにその経験から学んだり、新たなデータの入力に順応したり、柔軟にふるまいを調整していくため、難しい仕事をこなせるように訓練することもできます。

AI(人工知能)の概念図
そもそもAI(人工知能)とは
教師なし学習
問題(データ)のみをAIに与えて、特徴点はAIが発見。データをクラスタリング(分類)したり、膨大なデータから何かを発見できます。レコメンド機能など。
話題:Google論文「キャットペーパー」
教師あり学習
これは「うどん」、これは「ラーメン」など答え(ラベル)と、目のつけどころ(特徴点)を用意する必要。手間がかかる。人の顔の識別、手書き文字の判別など。
強化学習
得る報酬が最大となる行動」を学習する。ゲームで最高スコアを出す、株の売買で利益を最大化するなど。
話題:Google「AlphaGo」

「hakaru.ai(ハカルエーアイ)byGMO」では、上図の「教師あり学習」「教師なし学習」に分類される技術を採用しています。

検討から導入・運用まで、
専門のスタッフがサポートいたします。

ご相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ
通話無料
0800-1234-250

平日10:00〜18:00

hakaru.aiオンライン相談会 ×

hakaru.aiオンライン相談会